この世界になぜ福祉は必要なのか、という話をします。当然じゃないか!という感情論は抜きにして。
*わたしは当然じゃないか、と思ってますが、当然じゃないかと思ってない人に向けて論理的に書いています。

結論を先に言えば、『福祉がないと街が・社会が・国が滅びるから』です。

もうひとつの結論は『安心できる誇れる街・社会・国であるために』でしょうか。
関連;論理的な命そのものの価値の証明、相模原「やまゆり園」での事件につき。

以下、説明です。

福祉がないと街が・社会が・国が滅びる。
これは、高齢者へ介護にも、障がいへのサポートにも、共通して言えることです。
福祉がなければ世界は滅びます。

例えば、国が介護サービスの充実へ向けて動かなければどうなるでしょうか。
ケアを受けられない軽度の認知症の高齢者が街にあふれ、そのひとが運転する車は高速道路を逆走してしまったり、横断歩道を渡る人や、さらには赤信号にすら気づかずぶつかってしまったりするでしょう。

あ、もうなってましたね。そういう世界に。

単純統計でも65歳以上の7人に1人は認知症、19人に1人はうつ病、100人に1人は統合失調症です。
122人に1人は交通事故を起こし、その事故で後遺症が障がいとして残るリスクがあります。
自身の出来事でなくても、これらの福祉的事柄から自分・家族・恋人・友人・仕事…とすべての領域で無関係で一生を完遂するひとが、いったい何人いるのでしょう。宝くじ1等より確率は低そうです。

人は福祉とは無縁で生きられません。
南青山の児童相談所に頭ごなしに反対していた人たちは、自分らの地域には福祉的な問題をかかえる児童やその児童から守るべき事柄がこれからもずっと現れるわけがないって無意識に反射的に結論づけてしまう、ヒトとしての想像力に欠けたサルどもです。
頭ごなしじゃなく「その建物、そこまでお金かける必要ある?」は理解できますがね。

こういう「福祉は大事だよ」話をすると対義っぽく出てくるのは「なにをいうか、経済を豊かにすることが優先だ!」という論でしょう。

じゃあ、世界全体を豊かに幸せにするような起業家、あるいは発明家でしょうか、そんな天才が生まれて、すくすくと成長したとします。
その天才の家に、手のかかる認知症の家族がいたり、重めの症状がある統合失調症の家族がいたりして、その家族が国から十分な医療&福祉のサービスを受けられずにずっと家にいて、そのお世話をその心優しき天才が担うことになったら?
はたしてその天才は、世界を幸せにするその力量を十二分に発揮できるのでしょうか。

つまりはそうです。
福祉は、経済を支えるひとを支えるものでもあるのです。

福祉があるからこそ、街は・社会は・世界は続き、発展・進化し続いていくことができるのです。

だから本来、福祉は国とか政治とか行政とか言われる分野の仕事です。国を滅ぼさないための福祉なのだから。

どうか「介護は家族の・地域社会の役割」っぽく洗脳したがる国&メディアにだまされないでください。
それはもちろん協力的な家族や地域風土があることはとっても助かることですが、過剰な負荷を家族らに求めるのはお門違いです。
もともと核家族化が進んだのは=家族の介護力がなくなったのは、国の経済政策のせいです。
国が家族システムを解体させた、そのうえで国のお財布が厳しいなんて言って「福祉は家族にも多くを担ってもらおう」なんて、理不尽の極みです。
だまされないでください。

悲しいことに、役人にも福祉従業者にも、これを理解していないひとが大勢います。
理解していないばかりか、「福祉についての出資をまんべんなく制限するのが役人の仕事だ」と考えているバカすらけっこういます。
嘆かわしいですね。

そして日本国民が、あなたが、福祉を軽視していなければ防げたはずの悲しい事件や経済的打撃があります。
関連;【閲覧注意】相模原「やまゆり園」での事件と自分は無関係と思っているあなたへ。
関連;【閲覧注意】コロナ禍は防げたはず。2001年の大学卒論テーマがベーシックインカムだった男が語るベーシックインカム。(執筆中)
これを読んだ人が、ちゃんと福祉を重視する政治家を見極めて選びだし、その後の仕事を評価し続ける人間になることを、実はわたしはまだ信じています。