雅國くん写真

雅國くん人形雅國くん似顔絵

くじら&こころねウェブサイト公開、某SNSでいいねを大量にもらうなど沢山の人に見ていただいて、反響もおかげさまでいろいろあったにも関わらず、

 

まったく更新しておらずすみませんでした。

心機一転、これから週1回の更新をしていくことを誓います。

 

とりあえず反響①「中條のアップ写真が出てきて笑っちゃった!」に応えて、雅國くんの人形、似顔絵、写真を展開してみました。

※TOPメイン画像はブログの更新が反映されるため、書くたびに移り変わっていきます。

※更新が停滞していたため、ずっと中條の写真ですみませんでした。

※雅國ファンの皆さま、お待たせしました。

※雅國くんも利用者さんも、今日もくじらは平和です。

 

前回の更新から変わったことと言えば、4台のうち2台、車を買い換えました。

11月からお世話になっております、ラクティスくん。と2月からよろしく、のアルファードくん。

ラクティス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くじらの車には「くじら」とかは書いていません。

理由は、個人の情報を守るってことと、その守りかたの手段の考え方によるものです。

 

われわれ福祉施設の人間が個人情報を保護する意味って、人をだましてお金を得るような悪い金稼ぎをしている奴らに「あ、この人って福祉施設を利用してるのか」「福祉施設を利用してるってことは、だまされやすいひとなのかな…どれ、いっちょアプローチしてみるか」ってされちゃうのを防ぐ、というのが大きな意味のひとつだと思ってます。

だから車に「くじら」って書かないことにしています。

 

でもこれも考えかたの違いで、施設名を書いた車で訪問することで「あ、ここの家って福祉サービス使ってるんだ」「ってことは、上手くだまして物を買わせても、あとから施設職員さんから訴えられちゃうかもな…」って手を引かせる、っていう思考もあるかなあとは思います。

 

車に書かれた施設名をみて問い合わせて、サービス利用に繋がりましたーっていうケースも、なくはないんだろうなあ、とも思います。

でも個人的には、ノーリスクで「こういう福祉サービスがあるよー」って広められる手段が他にもたくさんあるから、わざわざ車にまで書かなくてもいいか、と考えてます。

 

車に法人名を書いたほうが、運転する人が責任感&緊張感をもてて良い、って話もわかりはします。でもまあそこんとこは、自分のとこの社員、仲間なんだし、信じましょうよ。って思いますね。

 

いろんな思考と結論があって、もちろんそれでよくて。

ただ肝心なのは、無主義&無根拠にならないこと。

 

プロである以上、目標がある以上は、自分の一挙一動が、発している表示が、どんな影響を及ぼすのか、きちんと考えたものであってほしいと思います。

 

100%はむりだし、計算どおりにいくことなんてあんまりないけど、その努めは怠らずにいたいなあ、なんて。

 

あと、福祉施設の利用者さんはきっとだまされやすい、と思われてるかもですが、良い意味で頑固なひと、疑ってかかるひとも、っていうかいろんなひとがいます。前述の悪い奴らは、なるたけなんとかそういう正義にボコボコにされて少しでも多く消え去ってほしいと願うばかりです。

(中條)