くじらへ利用者さんが通い始めたのが去年の10月、スタートから1年が経ちました。

いろいろありました、そしてあっというまでした。

まずは、これまで1年間ついてきてくれた職員にお礼が言いたいです。ありがとう。

くじらウェブサイト開設。これからは、あっというまに過ぎていく色々なことを、書き留めて披露できるツールを授かったわけです。

自分が「やらなきゃ」と思いこんでいることは、精神障がいが生活の枷となる、その枷の重さをちょっとでも軽減していく、ということです。

だからせっかく付けてもらったこの翼(このウェブサイト)、その目的のためにうまいぐあいに活かしていきます。

さしあたってよく聞かれる質問に答えておくと

Q)中條さんは相談所をつくったんですか?

  →20%は正解です。ただ相談主体というより、

①その人に合った福祉サービスを紹介して希望があれば申請書類を作ってそれを通す(定員50人)。

②くじらに通いたい人に通ってもらって安定した生活&健康状態でやっていけるように手伝っていく(定員20人)。

が主たるお仕事です。

もちろんおれ1人じゃできないので、②のほうは7人の職員さんにお願いしています。

そんなわけで、何卒よろしくおねがいします。